お客様の声(HSPカウンセラー講座)

(古川百花さん / 女性 / 30代)


私は日々を惰性で過ごし、大切な命をただ消化していくように生きていました。

専業主婦として最低限の家事をしつつ、残りの時間はほぼテレビを観ていたり、スマホゲームをするような生活でした。

でも、心のどこかで「このままで良いのかな?」と引っかかりを感じてました。

自分の将来や自分のことを知るために、占ってもらったり、占いの本を読んだりしていたのですが、その過程の中で「HSPの本」にたどり着いていました。そして、その本を読んだ時に「HSPって私のことだ!」と思ったんです。そんなとき、知り合いから「何か興味があることを始めてみたら?」と言われて、自分が一番興味がある「自分を知ること=HSPについて知ること」を学んでみようと思い、インターネットで『HSP 講座』と検索したら、この講座に出会いました。



講座のページを読んで、HSPの勉強はしたいけれど、「HSPカウンセラー講座」と書いてあったので、「私が行ってもいいのかな?」と思いました。でも、文章を読んでいくと「勉強したい人は誰でも来てもいい」というようなことが書かれていたので「参加したい!」と思いました。でも、いざ申し込みのボタンを押そうとすると不安になりました。知らない場所に1人で飛び込むのは怖いと思ったからです。あと一歩のところで勇気が出ずに、結局2日間ボタンを押せずにいました。

でも、やっぱり講座を受けたいという気持ちがあって諦めきれず、旦那や友達にも相談したところ「せっかくだから受けてみたら?」という後押しももらって、最終的には勇気を出して震える指で「申し込みはこちら」のボタンを押しました。



講座当日、緊張しながら席に座っていると、スタッフの方がテーブルにお菓子を置いていきました。今まで参加した講座や勉強会ではそんなことはなく、初めてのことだったので正直びっくりしましたが、そのおかげで少し安心しました。

講座が始まって、中島先生が「全承認。全肯定。ここでは何を言ってもいいんだよ」と言われたときに、「怖い」という気持ちがスゥーっとなくなって、「なんでもいいんだ」って思えました。暖かい空間で安心できたし、楽しく学ぶことができました。

なんどもワークをするたびに、人間と人間が深いところで結びつく繋がりを持てたような気がします。昨日までは他人だった隣の人と講座が終わる頃には、何年来もの友達かのように仲の良い関係になっていました!



その後、私はゲームをすることがほとんどなくなり、夫婦の会話が増えました。

人とコミュニケーションをとることが楽しいと思えるようになったからです。

友達が遠くに引っ越すことになったときも、今までは、電車の乗り継ぎのことを考えると億劫になって「メールを送ればいいや」と思っていたはずなのに、なぜか「直接会って気持ちを伝えたい。言葉で別れを伝えたい。」と思い、会いに行きました。

同じように、知り合いと会う予定が増えて、今ではスケジュール帳が手放せない存在となりました。



毎日が楽しくなりました。

「楽しそう!」と感じたことをどんどんやるようになって充実感を感じるようになりました。

今では家事の時間も追いつかないほどやりたいことが山積みで、洗濯物が山積みになりました(笑)

でも、「そんな自分にもOKを出して寝られるようになったのも成長!」って思います。

自分の好きなことを応援してくれている旦那には本当に感謝しています。



前の私みたいに、日々の充実感を得られていない人とか、人間関係が苦手な人とか、自分を好きになれない人とか。そんな人は、この講座はおすすめです。それと、「HSP」に興味を持っている人は絶対おすすめです!!この講座はHSPの人や、大切な人がHSPという人が集まる講座なので、HSPの本を読んだだけでは分からないことが、体験を通して、実際に他の人とお話をすることで、たくさん学べると思います♪


(古川百花さん / 女性 / 30代)



《HSPカウンセラー講座はこちら》


中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000