自分の可能性に限界を設けない

心理学でも有名なノミの実験の話。

ノミは体長3,4mmでも、

通常2メートルの高さまでジャンプするそう。

 

そのノミを30cmの高さのビーカーに入れて、

ガラス板をかぶせます。

ノミは何度も何度もジャンプしてはぶつかり

ジャンプしてはぶつかりを繰り返すうちに、

ジャンプするのをやめてしまうそうです。

遂にガラス板を取り外しても飛ばなくなってしまう。

もうなんの障害もないのに・・・

 

私たち人間もそう。

仕事、恋愛、結婚、人間関係、大人になればなるほど、

経験が増え、その分、さまざまな失敗や挫折や困難を

たくさん経験する。

そして、

「これは無理」

「これは過去に失敗した」

「頑張っても無駄だ」

と最初からジャンプするのを諦めたり、

ジャンプ自体が怖くなってやめてしまう。

  

<ここからが大事!>

ノミの実験の話しには続きがある。

元通りジャンプできるようになる方法がある。

それは2m飛べるノミを一緒のビーカーに入れること。

なんと、飛ばなくなったノミが再び飛ぶそうです。

見よう見まねで再び飛ぼうとすれば、

本来、力はあるので勝手に飛んじゃっている笑!

遂にはガラス板を外すと2m飛ぶそうです。

 

<<ここからがもっと大事!>>

飛ぶノミを見ても、中々、飛ばないノミもいるそう。

飛ぶまでにたくさん時間のかかるノミがいるそうです。

 

私たち人間に置き換えるとどうだろう?

「私はきっとなにやっても失敗ばかりだし」

「私はきっとなにやっても迷惑かけてばっかりだし」

「私はもっと向いている何かがあるのだろうし」

「あの人は学力とコミュニケーション能力が高いし」

「私はこの社会の中にいたいから飛ばないだけだし」

などと、

理屈をいい、あきらめジャンプしない人だと思う。

単にガラス板があるだけなのに、マイナスな自分を、

正当化してしまう。

  

失敗や挫折や困難を経験したとき、

それを成功の種とするか。

自ら壁をつくって終わりにしてしまうか。

正当化の手段にしてしまうか。

 

ジャンプする人生。

にするか、

ジャンプしない人生。

にするかは自分次第なのです。

   

もったいない。

あなたには、もっと可能性があるのに。

もったいない。

人がなんと言おうと可能性があるのに。

もったいない。

過去に何があっても未来には可能性があるのに。

もったいない。

他人から何か言われたとしても、

あなたには可能性があるのに。

 

ガラス板を勝手にかぶせたままにしてませんか。

ガラス板が外れているのにジャンプするのやめてませんか。

ガラス板を自分を正当化する手段にしていませんか。

 

もっと自分を客観的に見てみよう。

みんな地球上に住む、霊長類ヒト科に属す生き物。

以外と大差ない。

私たちの一生も宇宙規模歴史からると、たった1秒。

 

さー、あなたのそのガラス外しませんか。

さー、可能性を信じて全力で生きてみませんか。

さー、あなたが自分の能力を信じて力を発揮してみませんか。

 

あなたには可能性がある。

そう、もっともっと可能性がある。

だから、もう一度ジャンプしよう!

飛び出そう!!

  

一生をビーカーの中で過ごす人生を選びますか?

それとも可能性を信じてジャンプする人生を選びますか?



中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000