躁鬱 - 自分を責めて、自分に怒って -

歯を磨きたくない。面倒臭い。


だって、歯を磨くためには、立ち上がって、洗面台に向かい、蛇口をひねって、コップを手に取り、コップに水を入れて、口をゆすぎ、歯ブラシを手に取り、歯磨き粉のキャップをひねって、歯磨き粉を歯ブラシにつけて、口を開けて、歯ブラシを口の中に入れて・・・あれ?どの歯から磨いていけばいいのだろう?歯を磨くためには手をどのように動かせばいいのだろう?


これが「鬱」のときの思考回路でした。

鬱のときには歯磨き1つとっても、私には途方も無い大仕事のように感じていました。


でも、時間が経って「躁」状態にになると、歯磨きをしながら、仕事の資料を読みながら、仕事のことを考えながら、移動しながら・・・同時にいくつものことをやらなくては気が済まなくなります。


うつ状態の私は、どうしてこんなこともできないんだろうと自分を責めていました。

そう状態の私は、これくらいのこともできなくなる自分に腹を立てていました。

<参考>

『大丈夫。そのつらい日々も光になる。』

(PHP研究所)

第3章 自分の役割を果たせることは幸せなこと

P174〜P178

中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000