希死念慮 - 死ななければならない -

「死にたい」ではなく、「死ななければならない」


これが希死念慮。


25歳の私は、「死ぬしかない。」という思いで自宅の天井の梁にロープをくくりつけていました。


家業のビジネスがうまくいかなくなり、会社を存続させるために背負った莫大な借金。

返済に追われ、「今日の借金」を返済するために「借金」をして、「明日の借金」を返済するために「今日の売上」を作る日々。

都合失調症で幻聴が聞こえたとしても、うつで動きたくなかったとしても、過呼吸で発作が起きようとも、強迫性障害で寝られない日々が続いても、休むわけには行きません。


そんな日々が続いていたある日、「怖いけど、死のう」と思いました。

「死んだら迷惑がかかる」とか「誰かが悲しむ」とか「お世話になった人のためにも

生きなきゃ」とか、そういったことは一切考えられなくなりました。


周りの人の存在が見えなくなり、自分のことしか考えられなくなると、自殺への躊躇はありません。だって、死んだ方が楽なのですから。


「さあ、死のう」と首にロープをかけて、そのままロープに体重を預けようとしたとき、ロープの表面のザラザラが首筋を擦りました。

その瞬間、これまでにお世話になっていた人たちの顔を思い出し、ハッとしました。


「何やってるんだろう...。」

ためらいもなく死のうとしていた自分が自分で怖くなり、梁にくくりつけたロープを家の庭に埋めました。


でも、しばらくすると、そのロープを掘り起こし、梁にくくりつけようとしている自分がいました...。



<参考>

『大丈夫。そのつらい日々も光になる。』

(PHP研究所)

第4章 自殺未遂

P154〜P158

中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000