パニック障害 - 外に出られない -

私は25歳からの10年間、引きこもりでした。

正確にいうと、「引きこもり」ではなく「外に出られなかった」のです。


まだ外に出られなくなる前は、トラックの運転をしていて各飲食店にお酒を配達する仕事をしていました。


そんなある日、いつものように隣の市へ配達へ行くと、運転中に突然、全身が震えてきました。貧血のように体が冷たくなっていき、意識も遠くなっていきました。慌てて車を路肩に停めて、しばらく休むと体の不調は治まったので大事には至らなかったのですが、死の恐怖を感じました。


その翌日、同じように隣の市へ配達のために向かっていると、またしても前日と同じような症状が発症してしまいました。それからというもの、隣の市に行こうとしただけで、またあの症状が発生してしまうのではないかと不安になり、怖くて隣の市へ行けなくなってしまいました。


これがパニック障害の始まりでした。


その数週間後、今度は隣の町でパニック症を発症しました。そして、同じように隣の町にも怖くて行けなくなりました。


「隣の市に行けない。そして、隣の町にも行けなくなった。今度は...」

頭ではそんな関連性はないとわかっていても、感情をコントロールできずに、どんどん不安が不安を駆り立てていきました。


公園にいても、スーパーのレジで並んでいても、信号待ちをしていても、発作が起きるのではないか。発作が起きたら、この場所に行けなくなってしまう...。


最終的に、自分の家が見えなくなると不安でどうしようもなくなり、実家から離れられなくなってしまいました。


<参考>

『大丈夫。そのつらい日々も光になる。』

(PHP研究所)

第4章 パニック障害で外から出られなくなる

P112〜P116

中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000