突然いなくなった「パパ」と「ママ」

 五歳のとき、里親の「パパ」と「ママ」が突然いなくなりました。


 夏の暑い日。いつものように幼稚園から帰り、里親の家に行くと、家の前に人だかりができていました。嫌な予感がして、中を見てみると、家には何もかもがなくなっています。私が読んでいた絵本も、遊んでいたおもちゃも……。

 そのときの私はわかりませんでしたが、どうやら「パパ」が事業に失敗して、借金をつくって夜逃げしてしまったようでした。


 今日も私が家に来ると知っていたはずなのに、何も言わずにいなくなってしまった……。

 私は現実をうまく受け入れられずに、ただ立ち尽くしていました。 

「どうしてパパとママは内緒でいなくなったの?」

「どうして一言も言ってくれなかったの?」 

 その瞬間、私は、「裏切られた」と感じました。


 さらにショックだったのは、大好きだった周囲の大人たちが大好きな「パパ」と「ママ」の悪口を言っていたことです。

「夜逃げなんかするような連中だったんだ」

「借金なんかしやがって」……。


 そのときに思ったのです。

 

 世界は敵だらけ。人は信用できない。頼りになるのは自分だけ。


 もう弱さを人に見せない。自分のつらさを人に知られてたまるか!

 

 そう決めた私は、感情を表に出すことをやめることにしました。

 このときから、深い喪失感と絶望と孤独を抱え、長い長い間、暗闇の中をひとりでさまようこととなります。

 

 もしも私が自分の両親に「どうしてパパとママの悪口を言うの?」とか、「寂しいよ、つらいよ、助けて」と言えたなら、その後の人生は変わっていたのかも知れません。



「寂しいよ」と言えたなら、その後の   

人生は変わっていたかもしれません。


『大丈夫。そのつらい日々も光になる。』

(PHP研究所)

第1章 突然いなくなった「パパ」と「ママ」

P24〜P26 より

中島輝 Official Media 「旅をする木」

奇跡のカウンセラー 中島輝 ▶︎▶︎▶︎ 心理カウンセラー / 起業塾「THE DIAMOND」主宰 / 国際コミュニティセラピスト協会 設立者

0コメント

  • 1000 / 1000